くろさんちのブログ

Youtubeチャンネル「くろさんち」のブログです。

歯医者が苦手な僕が、静脈鎮静で治療を受けられるようになった話

f:id:torukuronuma:20170607200050j:plain

嘔吐反射を持つ僕が、はじめて静脈鎮静で歯科治療を受けたときについて、今日は書こうと思います。多分歯医者苦手で行きたくないと思っている人にとっては朗報だと思うので最後までぜひどうぞ。

続きを読む

神戸元町でカリーブルスト食べてきた。


神戸元町の"imbiss"で美味しいカリーブルストを食べたよ。

神戸市地下鉄海岸線の「旧居留地・大丸前」駅からすぐの、カリーブルスト専門店に行ってきました-。

カリーブルストはドイツ語圏で人気のファストフード。ソーセージにカレー粉かけていただきます。

ここはソーセージはもちろん、セットのポテトがとても美味しくておすすめです。
他にもザワークラウト(ドイツのすっぱいキャベツの漬物)など、ドイツ気分になれるメニューやビールも揃ってます。

中華街の食べ歩きに飽きたら是非どうぞ。超おすすめです。

 

SJCAM SJ7 star を買ったけど見事に初期不良だったよ。

一眼レフか、iPhoneしか動画撮れるもの持ってなかったんで、手軽にさっと取れるアクションカムっぽいもの欲しいなーと思ってまして、でもGoPro買うほどでもないしと言うことで、GoProキラーとの呼声高いSJ7 starを買いました。なんとお値段¥24,800。

日曜に届いて、喜んで開封したんだけどどう撮影しても音声だけ取れない初期不良品で、今交換手続き中なのでレビューは改めて。

続きを読む

中森明夫の『アイドルになりたい』が面白かった。

f:id:torukuronuma:20170525213440j:plain

中森明夫の「アイドルになりたい」を読んだ。

僕が中森明夫を知ったのは、中学生時代に古本屋で買ったアイドル雑誌とエロ本の中間的な存在だった「投稿写真」の中での連載だった。B4~A5くらいのサイズで、親に見つからないよう隠しやすいという理由でよく買ってたし、よく男子校の学友たちに流通させてた。

毎号なぜこの冴えないおじさんは、旬のアイドルと対談しているんだと思ってたけど、歳を取ってサブカル的な情報に首を突っ込んでいく過程で、ああこの人はこの世界の大御所なんだなと認識していった。

Webちくまに「アイドルになりたい」の冒頭が無料公開されているので読んでみてほしい。第1章の中に、アイドルとはどういう仕事か、という話が載ってる。その中で松田聖子に関連して、サンミュージックの相澤社長の言葉が紹介されていて、

 相澤さんがぼくに教えてくれた。
「松田聖子はO脚なんですよ。それが理由である大手芸能プロの最終審査で落とされたという。だけど、わたしはダメだと思わなかった。いや、むしろミニスカートでデビューさせた。彼女が欠点をかくしてロングスカートでデビューしていたら、きっと売れなかったでしょうね。断言しますよ。そしたら、今の松田聖子はいなかったはずです」
 なるほど!
 すごい話だ。
 そうか、アイドルって、欠点が魅力なんだな。短所が長所になっている。アバタもエクボ、と言うけど、いや、アバタがエクボ……いやいや、アバタ【こそ】エクボ! なんだ。
 つまり、それが【個性】でしょう。
 個性とは「魅力的な欠点」のことなんだ。
 美人で、スタイルがよくて、歌もうまくて――といった欠点のない芸能人が、あまり人気が出ないのもよくわかるね。

 欠点こそ「人に愛される」ために必要なものだと読者に呼びかける。完璧な美しさや歌声を持った人間が愛されるのではなく、欠落をもってしまった存在だからこそ愛されるという話は、後半さらにぐっと深くなっていく。

南沙織に始まったアイドルの歴史を通して、アイドル志望の女の子でも苦労なく読める口調で、できるだけかんたんに、文章のカロリーを上げないように上げないように書かれた一冊。

最後は願いにも似たメッセージで幕を閉じて、まさに中森明夫の遺言のような本だったよ。1時間位で読める。面白かった。

アイドルになりたい! (ちくまプリマー新書)

アイドルになりたい! (ちくまプリマー新書)

 

鶏モモ肉とナンプラーで作る絶品「カオマンガイ」レシピと作り方解説動画

カオマンガイをつくろう!【簡単レシピと作り方解説動画】

2017年のゴールデンウィークに暇に任せて撮ったのが、このカオマンガイの作り方動画。タイだと「カオマンガイ」、シンガポールだと「海南鶏飯」だそうです。近所のスーパー(ライフ)が、パクチーとか冬瓜とかが、いい感じで揃ってたので、作りました。

動画取るのも超久しぶりで、どれが動画対応のSDカードだっけって探したり、倉庫に入れっぱになってるベルボンの安い三脚引っ張り出したり大変だったけど、結構見てもらえてるみたいでやってよかった。

ちなみに動画はすべてEOS60Dで撮影しています。中古のボディだけならメルカリで3万円台で売ってるから、据え置きで取るぶんには結構きれいに撮れるんでおすすめです。外で取るならおもすぎてとても持ち運べないんだけどね。

で、肝心の料理は嫁さん(ロンちゃん)にかなり評判良くて、また作ってほしいって言われるくらいの出来でした。かんたんな割に本格的な味だったのでこれから夏作るぶんには丁度いいんじゃないでしょか。

やっぱナンプラーって超大事ね。あれ旨味のカタマリだから。魚醤だから醤油的なポジションかなと思ったら、むしろ旨味だから。あれは。

 

ユウキ ナンプラー 70g

ユウキ ナンプラー 70g

 

ナンプラー出しときますね。  

カレーの街・神戸で独自の道を行くチキンカレーの完成形「サトナカ」

昨年12月に東京から引っ越して半年。神戸三宮や元町の街を歩いてて気づいたのは、カレー屋と洋食屋と餃子専門店の数がとても多いこと。

特にカレー屋は、カウンター10席位でメニューはカレー1種類だけの、席に座るとすぐにライスの量だけ聞かれるタイプの店がいっぱい有る。

SAVOY」や「いっとっ亭」のような庶民的なビーフカレーや、神戸のホテル文化発の欧風カレーを出す洋食店が沢山ある中、玉ねぎベースの繊細なチキンカレーを出すのがこの「サトナカ」。

f:id:torukuronuma:20170516204249j:image

チキンカレー・スパイシー(600円)

続きを読む